--/--/-- --:--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/04/19 02:54  まるで命を啜るが如く、砂糖菓子は息をする


昨日突然思い立って一時間程走ってみたら、起床後すぐに見事に筋肉痛を感じました。
日頃の運動不足を感じると共に、まだ翌日にくる痛みに若干の安堵です。

昼食にカルボナーラスパゲティを作ったのですが、つい黒胡椒をかけ過ぎてしまって、殆ど味がしませんでした。
けれど色々あって20時間ぶりに食べた食物を胃が拒否したらしく、消化に大部分のエネルギーを奪われた所為でまた眠りこけてしまいました。

夕方に目覚めて、今日終わらせるはずだった用事がほぼ手付かずだったことに再び不貞寝してやろうかとも思いましたが、既に身支度は整っていたため覚悟を決めて外出しました。
すぐに暮れてゆく空に憂いを感じながらも自転車を漕げば、散る桜と熱気を孕んだ風がまた、時間を奪っていきました。

用事が終わって9時前には帰宅したのですが、消化管の主張する異様な満腹感に結局夕食は食べられず、ヨーグルトを食べたのみでした。
一日30品目摂取を目指す野菜好きが、ストレスを生産し始めそうです。

その後はぼんやりとテレビを眺め、携帯電話を弄り、たまに傍らに置いた本のページをめくっていましたが、気付けば日付が変わろうとしていました。
重い腰を上げてお風呂に入り、ちょっとインターネットで就職活動の情報収集をして今に至ります。

何のことはない一日です、けれど唯一の一日です。
思考は休まる暇もなく情報の海を泳ぎ、未だ見ぬ岸を求め懸命に息を継ぎ、水を蹴る。
一体私はこの24時間で何を得たのでしょう、そして失ったのでしょう。
明日へと託された仕事が私の肩を重くします。
それでも人間以外のものは、驚くほどに平等に、規則正しく、道を歩むのです。

スポンサーサイト

| HOME |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。